一般撮影

一般撮影はX(エックス)線を用いて胸部や腹部、四肢などからだのあらゆる部位の透過写真を撮ります。

いわゆる「レントゲン写真」を撮影する検査です。

【一般撮影システム装置を更新しました】

 

当院では2017年8月よりX線画像読取り装置を新方式の間接変換FPD(フラットパネルディテクタ)装置に更新しました。

 

FPDの特徴は以前使用していたシステムと比較し、X線の感度が非常に高いため低線量で高画質な画像を描出できます。また短時間で画像を確認できるので、検査時間が短縮されます。これにより、患者様の検査にかかるご負担が軽減され、低被ばくでより高画質な画像での診断が可能となりました。

【撮影するにあたって】

 

特にお食事などの制限はありませんが、厚手の衣類やシャツのプリント、ボタンなどは写真に写ってしまうため、診断に差し障りがある場合があります。必要に応じて検査衣に着替えていただいたり、身に着けている装飾品や湿布、カイロなど、診断する上で影響がでると思われるものは、はずしていただくことがありますのでご了承ください。

 

他院と比べて特徴的なところは、乳幼児専用撮影装置と産婦人科専用撮影装置があります。


X線撮影装置

島津製作所

RAD Speed Pro 3台

X線画像読取り装置

間接変換型フラットパネルセンサ

富士フィルムメディカル

CALNEO Smart



共立蒲原総合病院

〒421-3306 静岡県富士市中之郷2500番地の1 電話 : 0545-81-2211(代表)

Copyright © Kyoritsu Kanbara Sougoubyouin Kumiai. All Rights Reserved.