新人看護師紹介

地域包括ケア病棟 中澤さん

国家試験に合格し、看護師として働いていることに喜びを感じていますが、人の命に関わる仕事であることの責任の重大さや自分の知識・技術不足を感じています。しかし、わからないことや疑問に思ったことを丁寧に優しく教えてくださる先輩のもとで、自分自身の成長を日々感じています。

 

新人看護師として、分からないことは必ず先輩方に質問するようにし、不安や疑問が残ったままの状態で患者様に対応することがないように心がけています。患者様から「ありがとね」など温かい言葉をかけてもらい、それが毎日の活力になっています。

 

ひとりひとりの患者様に適した看護を提供できるような看護師になりたいです。このような素敵な病院で一緒に働きましょう!

地域包括ケア病棟 坪内さん

私が看護師になった理由として疾患により心身ともにケアが必要な患者様に、自らの手でケアを行い、不安を少しでも解消してもらいたいと思ったからです。そして、住み慣れた地域の住民の方々に少しでも貢献したいという思いから、いくつかある病院の中でも、地域に密着して医療を提供しているこの病院に就職しました。

 

やれることも増えてきましたが、知識も手技も覚えることが多く、先輩方に御指導、アドバイスを頂いています。職場はアットホームで、悩みや不安があれば質問しやすく、恵まれていると感じています。特に男性職員が5名で皆優しく相談しやすい環境だと思います。患者様に安全安楽なケアを提供できるように少しでも早く技術や知識を向上したいと思っています。

急性期病棟(外科系) 望月さん

急性期病棟に配属になり、緊張と新たな知識・発見の日々です。少しずつ業務にも慣れてきて、先輩方のご指導のもと毎日楽しく仕事をさせていただいています。わからないことが多く不安もありますが、患者さんとの会話や笑顔から元気をもらっています。

 

患者さんとの関わりから学ぶことも多く日々看護に魅力を感じていると共にやりがいも感じています。大変な事も多いですが、それ以上に元気をもらえることや患者さんの近くで寄り添えることが看護職の素晴らしさだと思います。みなさんも頑張ってください。

急性期病棟(外科系) 前嶋さん

私が所属する病棟は外科系の急性期病棟です。骨折や消化器疾患、脳卒中など様々な疾患の患者様がおり、日々新たな疑問や知識に直面し、たくさんの学びがあるのでとてもやりがいを感じています。特に入院時から関わってきた患者様が軽快して笑顔で退院や転棟されるときには、胸の奥が少し熱くなるような嬉しさが込み上げてきます。

 

まだまだ未熟で先輩方にたくさん助けていただきながら日々を過ごしていますが、これからも患者様とじっくり丁寧に向き合い、手厚い看護を実践していきたいと思います。皆さんも日々実習や国家試験対策で忙しいと思いますが、ぜひ残りの学生生活を大切に過ごしてくださいね。
 

【地域包括ケア病棟 中村さん】

私は、急性期の治療を経過された患者様が、日常生活向上の為にリハビリや在宅復帰支援を行う病棟に配属されました。先輩方は、入院後早期に、患者様・ご家族がどのような思いを持ち、どこでどのような療養生活を送れば良いかということを、詳しく理解し、患者様と関わっています。

 

まだまだ未熟な私は、看護技術はもちろん、患者様が無理なく安全に過ごされる援助を日々ご指導頂いています。私も先輩方のように、確かな技術と高いコミュニケーション能力を身につけ、多職種がチームとなって、患者様に退院後も必要な医療・看護・介護が継続して提供されるよう連携する役割を担えるようになりたいです。



共立蒲原総合病院

〒421-3306 静岡県富士市中之郷2500番地の1 電話 : 0545-81-2211(代表)

Copyright © Kyoritsu Kanbara Sougoubyouin Kumiai. All Rights Reserved.